映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし 感想レビュー

人気長寿アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版27作目。新婚旅行に行っていなかったひろしとみさえが、しんのすけたちを連れてやってきた初のハネムーンで予想外の事態に巻き込まれ、幸せな旅行が危険が待ち受ける大冒険になってしまう様子を描く。結婚当時、新婚旅行に行っていなかったひろしとみさえ。ある日、みさえが見つけてきた家族参加OKの激安新婚旅行ツアーに参加することになった野原一家だったが、旅先のオーストラリアに到着早々、ひろしが謎の仮面族にさらわれてしまう。そして、ひろしがお宝のカギとなってしまい、野原一家と仮面族、そして世界中のトレジャーハンターたちとの三つどもえの争奪戦が勃発する。監督は、シリーズ最高の興行収入を記録した「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」を手がけ、シリーズ4度目の登板となる橋本昌和。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/eiga.com/amp/movie/90127/%3Fusqp%3Dmq331AQPCAEoAZgBiMiGy_O34aob より

どうも。実はしんちゃんの映画はほとんど見てます。今回も楽しみにして見に行ってきました。ひろしがさらわれるパターンは初めてで、みさえの奮闘が予想された今作です。結果から言わせていただきますと、もちろん非常に良い映画でした。

あらすじの通り、今回は新婚旅行に行くところから話が始まります。もちろん新婚ホヤホヤではありませんし、しんのすけとひまわりもいます。ひろしとみさえの関係はもはや『夫婦』や『男女』であるより『家族』であるわけですね。実際にも旅行でちょっとした仲違いすることはありますが、そういったギャップが2人を喧嘩させてしまいます。

ひろしとみさえが今回のメインであり、メインテーマは『夫婦愛』だと思います。家族愛は今までもピックアップされてきましたが、また少し違ったところを狙ってきています。「結婚できない男」が13年ぶりに続編を作られる背景に、以前より更に結婚に対する意識や考え方が変わってきたことが考えられるように、『結婚を何故するのか?』『結婚が幸せなのか?』といった疑問も作中で投げかけられます。

そういった疑問を投げかける現代人の代弁者が、トレジャーハンターのインディー・ジュンコです。彼女はお宝を手に入れるために合理的な行動を取ろうとします。さらに、今までさらわれたひろしを助けるために奮闘するみさえに対して、「そんなに頑張っても割には合わないのではないか」と問いかけます。みさえはそのときは答えませんでした。ですが、その後にその答えを行動で示します。

また、ひろしもある種の逆玉の輿を持ちかけられ、なぜ『みさえと結婚』という選択を選んだのか再び問われることになります。彼がどちらを選択するのか、本当のお宝とは何なのかということから私たちにメッセージを伝えてくれます。

また、いつも通りギャグは冴えてます。CMにもあるひろしのダンスシーンなど、用語のネーミングセンスなど…。グレート・ババア・ブリーフが一番お気に入りです。

サブキャラが若干弱い気もしますが、いつも通り分かりやすくストレートに大切なメッセージを視聴者に伝えてくれる映画です。むしろ大人向けなので、大事な人と一緒に観に行くと吉です。ぜひご覧あれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました