子供向けアニメを見て

最近おしり探偵のアニメが流れてると良く見ます。ダラーっと見てるだけですが、子どもを楽しませる仕掛けがよく考えられているなと思いました。題名の通りおしりの姿をした探偵が事件に遭遇して解決していくという内容なのですが、途中で間違い探しや迷路などが何回か楽しめます。俗に言う視聴者参加型番組とでも言うのでしょうか?ドラえもんやしんちゃんなどでもリモコンのDボタンを押して四択みたいなのはありますよね。見るだけじゃなくて能動的に楽しめるのは子どもや視聴者を逃さないための戦略としてとても有効だと思いました。

ある種、子ども向けアニメはかなり戦場な気がします。子どもは感情に正直で、内容に問題があれば恐らく定着しないでしょう。それと比べて、深夜アニメでは問題があってもむしろ炎上的に盛り上がったり不思議なファンがついたりはよくあります。案外子ども向けの方が視聴者を取るために、他番組と真剣勝負していると個人的には考えています。

ドラえもんやクレヨンしんちゃんといった国民的アニメでも同じことを思います。原作者の手からは離れていますが、後継者の手によって脈々と受け継がれた土台はそこらのアニメでは太刀打ちできるとは全く思えません。

子ども向けアニメも、真面目に見てみると分かりやすい展開やメッセージ性があります。ほんとに面白いです。みなさんもテレビで流れてたら見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました