11/7 本日のMTGアリーナ「青単動画その7+マッチアップ一言解説」

MTGアリーナ

どうも。今回は少しやり方を変えて、しゃべりながら動画を撮影してみました。


内容は青単で挑んだクイック構築です。なんと7勝1敗です。

一戦目:青単

相手の執着的探訪をマーフォークのペテン師でタップすることによって攻撃を未然に防ぎ、自壊させることができたのが間違いなく勝因です。こういったケースで執着的探訪を防いだのは初めてでしたが、ミラー序盤戦においては重要なプレイングになりそうですね。

二戦目:ゴルガリ

引き運もありますが、基本的に相手のライフゲインが加速するか全体除去を通されなければ有利なマッチだと見ています。土地の供給は探索を当てにしているフシがあるので、カウンターするのも悪くない選択肢でしょう。

三戦目:イゼットフェニックス

ブン回ったときの破壊力は相手が上です。しかし安定性はこちらの方が高く見えますので、慎重にプレイすれば五分はあると思います。動画では負けてしまいました。そこそこのサイズでドレイクを出される前に場を作れるかがキモですね。

四戦目:ディミーアパイレーツ

クイック構築戦ではよく分からない相手ともしばしば当たります。そういったときは、カウンターの対象が迷うことがあると思います。基本的には、相手の色が持つ基本的な除去カードを警戒しましょう。。使っていると感じますが、青単も力強く戦える力を持つデッキの一つです。半端なオリジナルデッキが相手なら間違いなく半分以上は勝ち星を拾えると思いますので、こちらの強みを押し付けていきましょう。

五戦目:白単

個人的にカウンターしたいカードが3つあります。

1.ベナリア史

連発されたら確実に負けますし、普通にライフレースが厳しいです。

ただ最速で打ってくるので、呪文貫きが刺さります。

2.議事会の裁き

ラヴニカで追加された優秀な除去エンチャントです。青単にはエンチャントをどかすカードは無いので、確実な除去になってしまいます。特筆すべき点は、招集を持っているのでクリーチャーをタップしてマナを軽減して打つことができることです。見た目は4マナですが、3ターン目で打つことや、1・2マナで打ってきます。なので、このデッキに対しても先行3ターン目ジンは少しリスキーな場合があります。気を付けましょう。

3.軍団の上陸

絆魂持ちのトークンを生成し、3体以上のクリーチャーでアタックしたら定期的にトークンを作れる土地に変化します。もちろんそのトークンも絆魂を持っていますので、ライフレースが非常に不利になります。1マナなのでしょうがないときもありますが、こちらが先行だった場合は後攻1ターン目の軍団の上陸は呪文貫きでカウンターできます。マッチ戦の際は役に立つ可能性があるので、覚えておきましょう。

六戦目:レインボーリッチ

へんちくりんなデッキですね。無限ターンが一番の狙いのようですが、全体除去をカウンターできれば特に問題は無いでしょう。しいて言うなら、残骸の漂着セイレーンの嵐鎮めでカウンターできるので覚えておきましょう。

七戦目:青単ミラー

一戦目と同じですが、やはり大嵐のジンをどう扱うかがキーです。ジンをカウンターするよう心掛けつつ、相手のカウンターを受けないタイミングでジンを出していきましょう。出たら青単ではなかなかどかせません。

八戦目:緑単

相手の基準より大きいパワーを持ったカード軍をラノワールのエルフで加速して並べられたら流石に厳しいですが、そうでなければ適宜カウンターしているだけで相手が息切れを起こすこともあります。また、呪禁持ち中心でない構成だった場合は、少数精鋭のクリーチャー相手をペテン師でタップして勝てるパターンもあります。動画ではこのパターンでしたね。

だいたいそこそこ見るデッキが相手でした。パイレーツはほぼ初見でしたが…笑

しかし、実際青単でクイック構築をして4勝未満になることは最近はほぼなくなってきました。なんらかのカードゲーム経験者の方なら、恐らく同じように青単で稼げるのではないでしょうか。ドラフトで稼げるカードも多く入っているので、ぜひみなさん青単を試してみてください。ご質問等あればがんばってお答えしたいと思います。

本日は以上です。ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました