11/2 本日のMTGアリーナ「青単動画その4+一言解説」

MTGアリーナ

どうも。今回の動画は競技構築3戦目です。(2戦目は赤単に見どころもなく倒されました


なんと、5色コンが相手でした。どうやら、最近少し流行っているとかなんとか。しかし、恐らく青単が有利な相手のように思えます。全体除去を引かれるまでにカウンターを抱えることができれば、相手はこちらの攻めを受け止めきることは難しいでしょう。

また、動画内でしばしば相手は発見//発散で除去を試みてきます。初めて発散の方を使われましたが、テキストをよく読むと、『各対戦相手は、自分がコントロールしているパーマネントの中で、点数で見たマナ・コストが最も大きく土地でないパーマネント1つをオーナーの手札に戻し、その後カード1枚を捨てる。 』と書いてあります。こちらに選択権がある効果なんですね。執着的探訪を装備した2マナ以下のクリーチャーを狙われたとき、手札からマーフォークのペテン師を瞬足で出すことで、新しく出したマーフォークのペテン師を手札に戻すことができます。場にあったのが2マナのカードでも、最大マナのパーマネントが複数ある場合はこちらが選べるようです。咄嗟の判断でしたが、この回避によって大きくテンポを取れたのも勝因です。

自分はとてもせっかちなのでよく操作ミスや判断ミスをしてしまいますが、こういった細かいことに気が付くことは青単のようなギリギリの綱渡りをするデッキには大切ですね。

みなさんも、注意深く効果を観察して戦いましょう。本日は以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました