11/21 本日のアーティファクト 「ファントムドラフト後の気づき」

アーティファクト

ファントムドラフト後の気づき

はじめに

どうも。今回はドラフトについてです。

ぶっつけ本番でファントムドラフトを2回回して、3-2と1-2で終わりました。なかなか時間がかかるので数こなすのも大変なのですが、雑魚デッキを組んだなりに気づきもありました。今日はその気づきを皆さんと共有させていただけたらと思います。

注)自分は特に実績のある強豪プレイヤーでもないので、間違えている可能性もあります。話半分で聞くのが安全です。

カードはこちらで検索してください。

気づいたこと

ヒーローがいないレーンはサンドバック

このゲーム、ヒーローがいないとカードが使えません。カードが使えないと何もアクションが起こせず、そのレーンのマナは全部無駄になります。ハースストーンで手札がたくさんあるのにマナを余してターンを終えることなんてありえないですよね。しかし、このゲームではしばしば起こりうるみたいです。可能な限り全レーンに一人はヒーローがいて、お互いのレーンに支援を集中し、頃合いを見て一つだけレーンを捨てるのが理想でしょうか。

左のレーンの優先度の方が高い

特に優先度等考えないで手なりにプレイしてましたが、しばらくゼウスが右レーンに鎮座していた試合がありました。雷神の怒りを打てば左のレーンにいるヒーローも含めて3体相手のヒーローを倒すことができたのですが、既に自分のヒーローと相打ちになっていたためにそのターンに雷神の怒りで倒せたのは同レーンの一体だけでした。同じライフ状況にはならないかもしれませんが、もし左レーンで真っ先に打てていたら相手は色の縛りを受けてヒーローのパンチも通っていました。左レーンから順番に行動していくことは決まっているので、左レーンで他レーンに干渉するのはかなり重要なテクニックになっている気がします。

ヒーローはアクションフェイズで倒すとおいしい

先ほどの例と同じですが、ヒーローを戦闘になる前にスペルで倒せると相手はそのレーンに他のヒーローがいないと後続の手札は使えません。ヒーローがいたとしても使える色は減る可能性が高いです。試合後半で相手の青ヒーローを先に倒すことができたら少し安心できますね。

また、もし倒した敵ヒーローの真ん前に自分のユニットがいたら本来食らうはずのダメージが無くなり、逆に敵タワーにダメージが入ります。ユニットが生きてさえいれば回復手段もあるので、戦闘で相手ヒーローを破壊したときとのダメージ差はかなり開きます。

初期ヒーロー達の優先度の違い

ドラフトは基本的にパックから引いたカードでデッキを組みますが、ヒーローカードが足りなかったり気に入らなかった場合のために各色一種類三枚ずつあるヒーローカードが用意されています。

赤:豪胆なるキーフェ

青:聡明なるジャムイ

緑:夢見るファームヴァン

黒:狡猾なるデビ

この四種類のヒーローたちですが、個人的に赤と緑が他の二種類より強く見えます。特に豪胆なるキーフェは劣化アックスですが、それでもそこそこのステータスにアーマーも持っています。また、夢見るファームヴァンは劣化トレントプロテクターですが、それでも周辺のユニットにアーマーが付くのは序盤戦で大きいですね。これら二枚に言えるのは、安定性が高いことです。聡明なるジャムイはパワー不足ですし、狡猾なるデビは守りが弱すぎます。以上の理由で、ドラフトデッキにどうしても初期ヒーローを混ぜないといけない場合は、赤と緑なら多少安心できそうです。色をまとめたいときにも有効ですね。

複数カードを使うときは思い切って使う

このゲーム、その時々で各レーンで先にカードを使えるプレイヤーが決まります。その法則は、「前レーンで最後にカードを使ったプレイヤーが次のレーンでは後攻になる」です。次のレーンで先に動きたければ、現在のレーンではカードを温存しなければいけません。ここで実際に試合をして起こったのが、相手に連続で先行を取られ続けるという事態です。MTGの癖もあって様子見をしてしまいがちなのですが、イグナイトなどのいつ打っても変わらない改善カードなどを左レーンで打たず、中央レーンで打ってしまったために右レーンでも苦しい思いをしました。なので、使うタイミングにこだわらないカードは早くに連続して使ってしまった方が右レーンあたりでの手番操作に悪影響が出づらいです。特にアイテムを装備させる際はマナを使わないので、やろうと思えば2・3回連続でカードを出し続けることもできます。使うときの思い切りも必要なようですね。

最後に

いやほんとこのゲーム難しいですね。でもファントムドラフトが無料でできるようになったので、ゲームを買い切ってずっとドラフトするってのも新しい楽しみ方としてかなりありじゃないでしょうか?著名人も今のところは構築よりドラフトの楽しさを評価されてるようなので、自分もドラフトの腕をもっと磨きます。リリースまで、また気づきがあると思うのでその際はご報告します!ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました